太陽光発電投資は、空室のないマンション投資とも言われており、法律で保証された安定投資としても注目されています。
太陽光発電投資のメリットや
デメリットに対する解決策をお読みいただき、是非太陽光発電投資をご検討ください。

人件費・原材料費ゼロ 、手間がかからない

太陽光発電投資は、発電所を所有し、発電した電気を電力会社に販売する「売電事業」でもあります。
通常、小売業を始める際には、人間を雇い、原材料を仕入れ、営業をする必要がありますが、太陽光発電投資では必要ありません。
原材料は太陽の光、それを電気に変換するのは太陽光パネルで、販売先は東京電力などの地域の大手電力会社です。

太陽光パネルは、定期点検や清掃は必要になりますが、比較的耐久性が高く管理に手間がかかりません。
通常、業者にメンテナンスを依頼するので、ご自身が現地で行う作業はありません。

空室リスク・徴収リスクがない 

例えば、マンション投資の場合、入居者がいて家賃を徴収しないと収入を得らないという空室リスクと徴収リスクがあります。
しかし、太陽光発電の場合、「固定価格買取制度」があるので、そのようなリスクはありません。

太陽が照れば照るだけ発電し、発電した全ての電気を東京電力などの地域の大手電力会社が買い取りますので、
入居者募集も、家賃滞納も心配する必要がありません。マンション投資の様に住民同士のトラブルに対応する必要がないため、とても運用しやすい投資です。

電力会社による買取は、発電から20年間続きますので、長期的に安定して収益を得ることができまるので、投資プランを立てやすいというメリットがあります。 融資を利用して投資することができる 株や投信信託をするための資金について融資を受けることは原則としてできませんが、土地付き太陽光投資の場合、融資を受けて、投資をすることができます。

家賃滞納などの問題も発生しないので徴収リスクもありません。 年間の利回りが高く安定収入が見込める 土地付き太陽光発電の年間の利回りは一般的に10%前後と他の金融商品に比べても高い利回りになっています。また、固定価格買取制度により

太陽光発電は、太陽の光で発電するため、
発電量(収益)が天候に左右されるというメリットとデメリットがあります。
例えば、夏に快晴の日が続けば、太陽光発電所がフル稼働し、発電量も多く売電金額も多くなります。
反対に、梅雨で雨が続き太陽が出ない日が続けば、発電量は少なく売電金額もシュミレーションより低くなります。

天候や天災が収益に影響をもたらすことだ。具体的には次の事柄が挙げられる。

発電量(売電量)がコントロールできない

天災で設備破損のうえ、賠償責任が問われるリスクがある

日没時間は予見できるが、天候の変化は人の手でコントロールできないのが問題だ。太陽光発電で最大出力が出せるのは、気温や気候の条件が揃った限定的なシチュエーションに限られる。  

そして、太陽光発電が受けがちな天災は、地震と津波、大雪だ。太陽光発電は雨に降られても平気だが、浸水すれば壊れてしまう。強風で吹き飛ばされた太陽光発電が近隣に被害をもたらせば、賠償責任を問われる可能性がある。何の補償も無ければ、収支シミュレーションが台無しになりかねないだろう。

太陽光発電にとって、自然のエネルギーは収入源でもあり、最大のリスクとも言えるのだ。

解決策:保険と発電量増のテクニック

太陽光発電投資は、20年間という限られたFIT期間中にどれだけ発電量を稼げるかがカギだ。日が昇りかけた早朝や夕方、曇りがかって日照が少ないときも発電できるように設計するのが望ましい。その方法が、「過積載」だ。

過積載のイメージグラフ

過積載は、太陽光モジュールの出力がパワーコンディショナーの出力を大幅に上回るように設計する。これにより、日照が弱い状況下でもモジュールの物量により発電量を稼げるのだ。太陽光発電所の稼働率を上げる方法として、政府も推奨しているテクニックである。

太陽光モジュールは世界的に値下がりしており、大量に設置しても利回りに悪影響はない。投資物件として売られているものは、ほぼ過積載が行われている。

天災による被害は損害保険でカバーできる。破損した太陽光発電が他者に害を与えたときの補償は、賠償責任保険だ。台風は毎年起こるが、1年のうち影響があるのは数日間のこと。保険で備えれば十分だ。

そして、発電所への被害を抑えるなによりの方法は、施工を適切に行うことである。脆弱な設備が近隣に被害をもたらせば、太陽光発電のメンテナンス会社による、物件引き渡し前のセカンドオピニオンが有効だ。

平均利回り10%

空室リスク・徴収リスクがない
建物賃貸の場合、入居者がいないと家賃収入は得らないという空室リスクがありますが、太陽光発電の場合、固定価格買取制度があるので、そのようなリスクはありません。また、家賃滞納などの問題も発生しないので徴収リスクもありません。 年間の利回りが高く安定収入が見込める 土地付き太陽光発電の年間の利回りは一般的に10%前後と他の金融商品に比べても高い利回りになっています。また、固定価格買取制度により長期的に安定して収益を得ることができるので、投資プランを立てやすいというメリットがあります。 管理に手間がかからない 太陽光パネルは可動部分がほぼないことから、比較的耐久性が高く管理に手間がかかりません。定期点検や清掃は必要になりますが、メンテナンスについては業者に依頼することができるので、自分で管理する手間を省くことができます。 融資を利用して投資することができる 株や投信信託をするための資金について融資を受けることは原則としてできませんが、土地付き太陽光投資の場合、融資を受けて、投資をすることができます。

天候の影響を受ける 天候不順などで日照が極端に少ない場合には発電量が少なくなるので、売電量が減り収入も減少するリスクがあります。 日照補償を設けている業者もあるのでチェックしてみてもいいでしょう。   ⇒日照補償自然災害や犯罪被害のリスクがある 台風や大雪などの自然災害によって太陽光パネルが破損するなどの被害に遭う可能性があります。また、太陽光関連機器が盗まれたり、いたずらによって破壊されたりする可能性もあります。ただ、保険に入ることである程度はカバーすることができます。 ⇒災害補償 固定価格買取制度終了後が不明確 電気の固定価格での買い取りが義務付けられているのは20年間なので、その後の買い取りがどうなるかが不明確ということがあります。もっとも、その頃には設備投資の回収が済んでいるので、仮に低い買取価格になったとしてもその収益は全額利益となりますし、電力自由化によって、小売電気事業者も増えているので、売電に困るこということはないと考えられます。 メンテナンスコストがかかる 太陽光発電のメンテナンスは比較的手間がかかりませんが、そのメンテナンスを外部に委託する場合、コストがかかります。また、太陽光パネルやパワーコンデショナには寿命があるので、一定期間が